こだわりの素材 - 日本一国産丸大豆しょうゆ -


 1.町田に愛されて


 この飴には、天明七年(1787)創業の老舗・株式会社岡直三郎商店の『日本一 国産丸大豆しょうゆ』を使用しています。この醤油と町田のご縁は、大正8年 (1919)「絹の道」で栄えた原町田(現在の小田急線町田駅東側)に工場を設けたのがはじまり。その後、本社は旭町に移転しましたが、名産品として町田の人々に愛され続けています


 3.醤油の魅力を発信


 岡直三郎商店では伝統調味料〝しょうゆ〟を多くの人に知ってもらうため、町田を拠点にその魅力を発信しています。小田急線町田駅近くに『醤油料理 天忠』をオープンし季節の料理を通じてしょうゆの味を届けているほか、本社前に『ホンタマ木桶しょうゆ館』を開設し情報発信も行っています。皆様もこの飴を通じて伝統的なしょうゆの味をお楽しみください。

 


 2.こだわりの天然醸造


 醤油の原料には国産丸大豆と群馬県産小麦を使用。四世紀にまたがり代々受け継がれた大型木桶で仕込み、一年余りをかけてじっくり醸造発酵させます。自然の温度変化で熟成させる天然醸造は、職人の技と勘があればこそ。手間も時間もかかりますが、すべては「日本一」にふさわしい醤油をお届けするため。職人は今日も丹精こめて醤油造りに向き合っています。